本当は、支えられていたんだね。


気が進まなかった集まりは
参加してよかった(*´-`)となりました。

高校のときの部活動
毎年、卒業生と保護者も含めたパーティーを
部長副部長クラスの卒業生が主体となって開いています。

わたしの未熟さから
同級生にも溶け込んでいなかったり
毎年のパーティーにも違和感を感じていたり
いくつかの要因から、遠のいていました。

でもね。
頑なに参加しないのって、
ひとりで勝手に拗ねてるだけな気がして。

勝手にイヤな記憶にしてるけど、
もしかしたら違うかも知れないと思って。

今なら違う角度から見れるかも知れないから
きちんと行って、味わおうと思いました。

そしたらね
怖いと言いつつ、行くことにしたわたしを
夫は褒めてくれて。
たくさん、勇気づけてくれて(*^^*)

当日は、感動的なメールまで送ってくれて。

この人と結婚してよかったなあ♡
ほっこり気分で会場に向かうことができました。

13人いた同級生のうち
参加していたのは、わたしも含めて5人。

不思議でした。

あの頃は
すごーく気を使いながら話していたのに。
ひと言発するのにもアレコレ難しく考えて
間違えちゃいけない、とオドオドしてたのに。

構えることなく、自然体で話ができました。

聞きたいこと聞いて、変な話にツッコんだり
空気読まないタイミングで写メったり…
苦手だった部長とも、優しい氣持ちで話ができて。

あれ。
わたしホントに馴染んでなかったの?
て思うくらい、楽でした。

わたしが心を閉じてただけかもね^ ^

在校生の出し物や
コーチの先生、顧問の先生の話を聞いてたら
あ〜あの頃頑張ったよなあ。
楽しかったなあ!て、
無我夢中で頑張っていた3年間を
充実感とともに感じることができました。

うん。
わたしの高校時代、悪くない(^_−)−☆

帰り道
同じ看護科で、同じバトン部で、
3年間一緒だった友人を送っていたら

当時は弱音を吐いてばかりの彼女に
イライラしていた気がしたけれど

ずーっと一緒に行動してくれた彼女がいたから
キツい部活も続けてこれたんだな。
たくさん、助けられていたんだな、て。

なんだかんだ言って、
わたしみたいな下手っぴが
全国大会に出させてもらえたのも
同級生みんなに助けられていたからだな、て。

支えられていたことに気がつきました。
あの頃いただいていた応援を
今やっと、感じることができました。

参加してよかった。

たくさん、たくさん、ありがとう(^人^)

顧問の先生の挨拶シーン。
201702271521573b0.jpg


今年で退職されるんだそうです。
35年続いたバトン部は、終えるそうです。

最後のチャンス、無駄にしなくてよかった。

本当に、ありがとうございました!!



音癒庵
山口奈津子


スポンサーサイト

テーマ:癒し・ヒーリング - ジャンル:心と身体

タグ:クリスタルボウル ヒーリング 癒し 波動 幸せ 身体

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

プロフィール

山口奈津子

Author:山口奈津子
クリスタルボウル演奏家

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: