• home >
  • 看護師として

人間的な関わりを


看護師のお仕事中
"人間的に関わる"
ということを、ものすごく意識します。

「え。当たり前じゃん」
と言われそうで、お恥ずかしいですが…

たとえば
ご自分でお話できない方や、動けない方
身体的な介入が必要な方に
わたしたちは、"身体"に意識を向けすぎて
その方の"心""尊厳"を忘れがちだと、
感じることがあります。

検温するだけで、声かけしない。とか
お口は綺麗にするのに
目やにがついたまま、ヒゲが伸びたまま。とか
汚れたオムツを新しいものに換えるだけで
局所を洗わない、皮膚状態は気にしない。とか
職員同士で話しながら、手だけ食事介助。とか

自分だったら、イヤじゃない?と思うような
必要最小限をやっとけばいい。というようなね
そんな関わりを目にすることも、ある。

そのたびに、自分はどうだろうかと省みます。

目の前の人の心を感じているか?
その方と、心を通わそうとひらいているか?
大好きな人に接するように、しているか?

目の前の人が自分だったら、
自分の家族だったら、、、


わたしたちは慣れる生き物で
ともすれば、感覚が麻痺してしまうこともあるから

いつも、いつも、忘れないように
毎日、毎回、新鮮な氣持ちで相手を感じるように
関わらせていただく感謝を込めて
一瞬一瞬を大切にするよう、心がけています。


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

4/23(日)
ホリスティカルハーブテント®︎&クリスタルボウル 贅沢コラボ♡

http://crystalbowlhealing.blog.fc2.com/blog-entry-118.html

4/24(月)
どれみちゃん!!
君応援歌(きみおうえんか)ライブ♫

https://www.facebook.com/events/1668427826520712/?ti=icl



音癒庵
山口奈津子



スポンサーサイト

テーマ:癒し・ヒーリング - ジャンル:心と身体

タグ:クリスタルボウル ヒーリング 癒し 波動 幸せ 身体

やっぱり小児がいい☆


今日は、小児の訪問看護を専門で行なっていらっしゃる事業所に、同行研修に行かせていただきました♪

こどもちゃん、とーっても可愛くてね(*´∇`*)
めちゃくちゃテンション上がりました〜(*^^*)♪

わたしね
小児の訪問看護師を募集していた今の事業所に入って、臨床が久しぶりだからと、研修も兼ねて高齢者の訪問に入っていてね。

看護の楽しさを思い出したんです(๑˃̵ᴗ˂̵)♪

あれっ
こんなに楽しかったっけ??て
ワクワク感動するくらい。

特別なことはしない
おむつ交換や痰の吸引、検温、口腔ケア、
マッサージに、世間話に、、、

そのどれもが楽しくて、
あ、わたし人が好きなんだ☆て。

小児じゃなくても、高齢者でも可愛いし
皆さん魅力的で、ひとつひとつの関わりが
それはそれは、めっちゃ楽しい♪( ´▽`*)

わたし看護師でよかった(๑˃̵ᴗ˂̵)♡てね、
とっても誇らしくなっていたんです(*^^*)

そんなだからね
あれ。わたし、小児にこだわらなくていいのかな?て、思い始めていたんです。

高齢者でも、誰でも、
今ここで自分が必要とされているなら
ここで思い切り咲いてよっかな♪て。

でもね、、、

最近ご縁をいただく方々や、目に留まるものが
こども、こども、こども、、、

そして今日の同行研修。

わあっ
わたしやっぱり小児がいい!!
小児の訪問看護やる!!

当初見ていた方向に戻ってきました(*^^*)

正直ね、今の事業所では
小児を始めるには、課題が山積みです。

だけど、今回のスイッチは強いの(^_-)
わたしの創造力、注ぎ込みます♪

皆さまどうか
応援のほど、よろしくお願いいたします(^人^)



音癒庵
山口奈津子


テーマ:癒し・ヒーリング - ジャンル:心と身体

タグ:クリスタルボウル ヒーリング 癒し 波動 幸せ 身体

届いた祈り


90才の女性

排便リズムが不規則になっていて
便秘が気になる、、、ため
ご本人の希望で毎晩下剤を服用され
毎日~隔日で排便されています

今日訪問すると、
珍しく5日間排便がないとのこと。

浮かない表情で話され、他のことは手につかない様子

「どうしましょうねえ?
 坐薬を使ってみるのもひとつの方法だけど、、、」
提案しつつ、お腹に手を当ててイメージを使ってお祈り。

わたしは現代医療の中で働く看護師として
お薬を使うことも、ひとつの方法だと考えています。

今、その人が使っているお薬や生活環境、信念を守りながら
わたしにできる働きかけとして、
看護師的目線と
“祈りは届く”想いのチカラを実践する者と
両方を使っています。

下剤、坐薬の使う量、タイミングを一緒に考えながら
お腹に手を当てて
腸が元氣に笑ってう○ちをどっさり出してくれるイメージ
↑解剖学的なイメージじゃないのが、お恥ずかしい。

「じゃあ、また明日様子をうかがいますね」

お部屋を出た、数分後。
「○○さんがお話したいそうです」 連絡があり、、、

行ってみると、
「出たよ!
 あなたが帰ってから、すぐ催してね、たくさん出た( ´ ▽ ` )」
満面の笑みで報告してくださいました♪

よかったねーーー!!(๑>◡<๑)☆

たまたまかも知れないし、
連日飲んだ下剤の効果かも知れないけど、、、
だったら、“祈りが届いた”と思ったっていいじゃない♪

嬉しいなあ♪( ´▽`*)



音癒庵
山口奈津子


テーマ:癒し・ヒーリング - ジャンル:心と身体

タグ:クリスタルボウル ヒーリング 癒し 波動 幸せ 身体

オムツ交換は、尊いお仕事


お仕事をしていて思うこと。

オムツ交換て、すごいことだなあ、と。

だってね、
自分がされる側だと想像すると、イヤじゃありませんか?

自分の排泄物を、他人に見られる。
大切な場所を、他人の手で触られる。
ときには、強くこすられたりもする。
「くさい~」 なんて言われたりも、する。
露骨にイヤな顔をする人も、いる。

わたしは、自分の排泄物は見られたくないんです。
無造作に触られるなんてイヤ。
本当の本当に大切な人にしか、触られたくない。

恥ずかしくって、苦痛だわ。

でもね、皆さんさせてくださる。
わたしたち看護師は、利用者さまにとって苦痛であろうことを
お仕事だからと、させていただける。

それって、すごいことだなあ、と。
ありがたいなあ、と。

意識のある方もない方もいらっしゃいます。
オムツをしているのは、
ご自分でトイレに行けなくなったり
排泄の認識がなくなったり
何らかの理由があるからです。

だけど、そういった方たちでも、尊厳はある。

そんな方たちの大切な行為を、代わりにさせていただける。
尊いお仕事をさせていただいているなあと、日々、思います。

わたしたち人間は愚かで、
ともすれば、お世話をさせていただいている人間が
“やってあげてる” という目線でもって目の前の方に関わりがちですが
とんでもないことです。

おひとりおひとりの、尊い“いのちの営み”に触れさせていただいていること
与えているように見えて、与えていただいていることを
決して忘れてはならないと思います。



音癒庵
山口奈津子


テーマ:癒し・ヒーリング - ジャンル:心と身体

タグ:クリスタルボウル ヒーリング 癒し 波動 幸せ 身体

諸行無常



看護のお仕事をしていると
昨日まで元気だった方が亡くなられたり
朝はいつも通り言葉を交わした方が倒れたり

"変わらないものはない"
諸行無常に思いを馳せます。

同じように見える日常も
同じ日はない。
今日と同じ明日はない。

だからこそ、一分一秒を大切に
毎日が一期一会なのだと心に留めて
目の前の人と関わりたい。

ていねいに、ていねいに。。。

よりよい関わりができる自分へと
求める日々は終わりません。

201612252123399fb.jpg



音癒庵
山口奈津子


テーマ:癒し・ヒーリング - ジャンル:心と身体

タグ:クリスタルボウル 癒し 波動 ヒーリング 幸せ 身体 響き 音色

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

プロフィール

山口奈津子

Author:山口奈津子
クリスタルボウル演奏家

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: